もう2週間以上経つんですけど、さすがにこの出来事をスルーするのはどうかと思うので書いてみます。

3/11(金)2:45、他の多くの人と同じように会社で仕事中に地震に遭いました。
東京はわりと地震が多いので、起こった瞬間はいつもの軽いヤツかな?と思ったんですけど揺れる揺れる。
ドアを開けに走る人あり、天井からは塗装がはがれてパラパラ落ちる、縦置きのデスクトップPCが倒れる。とにかく今までの人生で経験したことのない震度。しかも長い。
揺れがおさまったところで会社の指示で近くの公園に避難。
ただ余震の頻度は高かったけど、ビルが崩れるとか看板が落ちて来るとかまでの被害はなかったので、16:00過ぎにオフィスに戻る。

とりあえず家族の安否確認を取ってみると、ハルコは保育園に一旦預けちゃってたけど、奥さんが仕事に行く前だったので引き取れたとのこと。
これで奥さんも既に仕事に向かった後だったら、夜中までハルコを預けっぱなしになっていたので、今思うとゾッとする。

その後帰れる人は帰っていいというお達しが出たものの、電車は完全にストップ。JRに至ってはその日中に復旧する気がないとのこと。
タクシーなんて拾えるはずがないし、バスだと一旦渋谷に出ることになり道が混んできたらどれくらいかかるかわからない。
諦めて歩いて帰ることを検討。

18:00。帰宅経路をiPhoneのGoogleマップで確認して、自宅の近いオンナノコの派遣さんと一緒に徒歩帰宅開始。
六本木→青山1丁目→千駄ヶ谷→新宿→東中野。。
途中のドンキでスニーカー山積みで売ってて、人だかりが出来てた。
新宿へは20:00くらいに着いたんだけど、デパート等は既に閉店済みで暗い。でも飲食店は普通にやってて、カラオケ待ちの人たちも。
帰れないんだろうけど、端から見るといつもの金曜日とあまり変わらなかったり。

21:00に中野着。ちょうど阿佐ヶ谷行きのバスが通りかかったので、だいぶ足も痛かったし乗る。が、全然進まない。
結局22:00過ぎに帰宅。4時間。
でもiPhone & Googleマップのおかげで一切迷わずに帰宅出来た。

家では奥さんとハルコが待っていてホッと一息。
家の被害はどんなもんかと思っていたけど、Wiiが倒れてたくらい。食器棚とかTVとか覚悟してたけど平気でした。

とりあえず風呂に入って一息ついたあとにTVで現状を確認。
気仙沼が津波に飲まれてる。しかも燃えてる。地獄絵図。
あまりのことにあっけに取られて1日が終わった。