コンピュータ自分史続編です。

■2009年

・「Mac OS 10.6 Snow Leopard」へOSアップデート
→Macbookにて2回目のOSアップデート。Leopardにアップした時ほどの感動はありませんでした。
・「vaio Cシリーズ」購入
→久しぶりのWindows機。OSはWindows 7でした。でも奥さん用なのでほとんど触ってません。
・「iPhone 3GS」購入
→1年ほどiPod touchでお茶をにごしてたのですが、当たり前ですが外出時に使うにはやっぱり3G回線が必要、ということで購入。
これでtwitterへの依存度が飛躍的に上がった気がします。

■2011年

・MacbookのHDDを500GBに換装
→120GBのHDDでは限界だったので換装しました。ラクチンポン。
・「Mac OS 10.7 Lion」へOSアップデート
→Macbookにて3回目のOSアップデート。OSをダウンロードでアップデートできる日が来るなんて。
・iPad2購入
→個人的にはiPhone以上で、iBook G4を手にした時くらいの衝撃。これまで毎日使っていたMacbookをほとんど使わなくなりました。

■2012年

・Time CapsuleのHDDを500GBから2TBに換装
・iPhone5購入
→3GSで死にそうになっていたのですぐに飛びつきました。今のところ何の不満もありません。

使用ブラウザは今現在Google Chromeで統一しています。iPhone,iPad,会社PC,おうちMacでタブ共有ができるのがとても便利。
メーラーも引き続きGmail。こちらも各デバイスで使えるから便利。もうクライアントメーラを使うことはないでしょう。
iPadをメインで使うようになってから、なんでもiPadで出来るように注力するようになりつつあります。
音源管理や動画視聴は大体できているので、後はKindleが充実して書籍が管理できて、あとHDDレコーダーのTV録画コンテンツが観れるようにしたい。

2007年以降はMacも買っていないし、日々使うデジタルデバイスもどんどんモバイルよりになりました。
そろそろMacbook ProのRetinaモデルが欲しいんですけど、だからイマイチ踏み切れない。どうせそんなに使わないし。
次はiPad miniかなー。

★まとめ

前回2009年に書いた時点でも1997年に初めてPCを手にした時から隔世の感がありましたが、それから4年でiPhone,iPadが登場して更にステージが変わったと感じます。
4年前に書いた「ワイヤレス高速インターネット常時接続とそれを基にしたクラウドコンピューティング」に関してはほぼその通りに推移していますね。WiMaxじゃなくてLTEが主流ですけど。

これから4年で何が起こるか。
モバイル回線については今のLTEよりもう一声速くなって欲しいです。ハード的にはそろそろウェアラブルコンピュータかな?